保健だより4月号(表)   保健だより4月号(裏)   保健だより5月号

  保健だより6月号(1)    保健だより6月号(2)   保健だより7月号(表)

   保健だより7月号(裏)   保健だより8月号    保健だより9月号

  保健だより10月号     保健だより11月号



感染症による出席停止について

つぎにあげた病気は学校感染症といわれ,たとえ軽症でも登校できません。
もしかかったら,医師の許可があるまで学校を休み,家庭で安静にして下さい。 これは法律で定められた『出席停止』で欠席あつかいにはなりません。

■第一種 学校感染症  治癒するまで出席停止となります。
エボラ出血熱,クリミア・コンゴ出血熱,痘瘡,南米出血熱,ペスト,マールブルグ熱 ラッサ熱,ポリオ,ジフテリア,重症急性呼吸症候群,鳥インフルエンザ(H5N1に限る)

■第二種 学校感染症  診断が出たら速やかに学校に連絡してください。それぞれ出席停止期間があります。
インフルエンザ             発症後5日を経過し,解熱した後2日を経過するまで
百日咳                  特有の咳が消失するまで
麻疹                   解熱した後3日を経過するまで
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)  耳下腺の腫脹が消失するまで
風疹(三日はしか)          発疹が消失するまで
水痘(水ぼうそう)           すべての発疹が痂皮化するまで
咽頭結膜炎(プール熱)       主要症状が消退した後2日を経過するまで
結核                  病状により学校医その他の医師において伝染のおそれがないと認めるまで

■第三種 学校感染症   病状により学校医その他の医師において伝染のおそれがないと認めるまで
流行性角結膜炎(プール病)・急性出血性結膜炎・腸管出血性大腸菌感染症・コレラ・細菌性赤痢・腸チフス・パラチフス・その他の感染症

出席停止となり,その後登校する場合登校届けが必要となります。次よりダウンロードしてください。

登校届のダウンロード